脱毛サロンのデメリット

脱毛の効果が薄い場合がある

脱毛サロンは医療脱毛に比べて施術料金が安いという特長もありますが、その代わり脱毛の効果については不安な点も多いです。医療脱毛の場合は刺激の強い脱毛マシンを使用でき、痛みなどトラブルが発生する可能性がある一方で脱毛の成功率が高いという特徴があります。脱毛サロンでは特別な許可がない限りそういったマシンを使用できないので、もちろん脱毛できることが多いものの、中には脱毛に失敗して毛が残ってしまうことがあるのです。痛みやかゆみなどが出ないように刺激の弱いマシンを使っているので安全ではありますが、「しっかり脱毛したい!」という方の場合、脱毛サロンよりも医療脱毛を検討した方が良いと言えるかもしれません。また、サロンによって脱毛の質には違いがあるので、その点にも注意が必要です。

サロンによってサポート体制が異なる

医療脱毛と比べて刺激の弱い脱毛マシンを使用するため、脱毛サロンでの施術によってトラブルが起こることはそれほどありません。しかし、場合によっては強い痛みや腫れといった症状が出てしまうこともあります。その際に重要となるのが、サロン側のサポートや対応ですよね。医療機関の場合、脱毛によってトラブルが発生すればそのまま別室で治療を受けることもできますが、脱毛サロンの場合は中々そういったことはできません。つまり、「トラブルが起きても対応してもらえない場合がある」ということです。サロンによってサポート体制は異なるため、トラブル対応ができないこともあれば、連携している医療機関に連絡してもらえることもあります。そういったサポート体制を重視する場合は、しっかりサロンの口コミなどを確認するのが良いでしょう。